トップページ > 出会い体験談投稿 > 平成生まれの美少女とコスプレエッチ
出会い体験談

平成生まれの美少女とコスプレエッチ

私はロリコンです。

といっても幼女が好きなわけでなく、かなり歳の離れた娘が好きなのです。

妻もようやく三十路に入ったばかり。

私が無料出会い系サイトを使いだしたきかっけは、妻の妊娠でした。

セックスも気を遣うようになり、出産準備で実家に戻っていた時です。

帰宅後いつものように無料出会い系サイトを覗き、若い娘の募集内容を見ていたのです。

そこで初めて知りあった娘が未来(ミク)でした。

平成生まれの19歳。

写真を見るとかなりの美少女です。

何通かのやりとりで私のことを気に入ってくれました。

未来はコスプレオタク。

アニメや制服などのコスプレにはまってるらしい。

私もコスプレは嫌いではなく、彼女の願望であるコスプレでのセックスを実現してあげる自信もあった。

その夜のうちに合う約束までできたのである。

会ったのは週末の夜だった。

未来はお気に入りの服をたくさん抱えてやってきた。

軽く食事しホテルに向かった。

別々にシャワーを浴び、未来は僕がシャワーを浴びてる間にアニメのコスプレに着替えていた。

美少女の未来は甘えたような口調で話しかけてくる。

ホントにかわいい…。

平成生まれの彼女とは基本的に話しが合わない。

でも未来も気を遣ってくれ話しを合わせてくれている。

「お気に入りのコスプレで無理矢理されたいんだ…」

未来が恥ずかしそうに言った。

私は未来に違うものに着替えるようお願いしてみた。

やはりかわいい娘なのでセーラー服だろう。

彼女は洗面室に行きセーラー服に着替えてきた。

短めのスカート。

白のハイソックス。

本物の女子高生のようだった。

綺麗な肌の太ももに欲情し始め、枕元のパネルの操作に夢中の未来の背後から襲いかかり押し倒した。その目は恐怖を感じていたが、抵抗はしていないようだった。

無理矢理服を捲り、綺麗な乳首を吸った。

舐めさせようとしたが、未来はそれだけは必至で抵抗してていた。

純白のパンティを脱がせ、強引に股の間に身体を入れ、一気に挿入していった。

「痛いっー!」

涙を浮かべていた。

構わず腰を深々と押し込みながら、彼女が今朝生理が終わった事を話していたことを思いだした。

きつめの穴にたまらず膣内に射精してしまった。

ピクピクと脈動しながら最後の一滴までも流し込んだ。

ゆっくりと抜き取ると血が混じった精液が流れ落ちる。

その光景はリアルにレイプでもしたようだった。

血?それを見て未来に聞くと彼女は処女だったのだ。

コスプレして無理矢理処女を奪われる…それが彼女の本当の願望だったのだ。

痛かっただろうに、未来の表情は理想の初体験を終えたことで幸せそうでもある。

それからも頻繁に会い、コスプレ衣装のままのセックスを楽しんでいる。

投稿者:ロリコン中年さん(44歳 男性)

出会い系THEBESTサイト





タグ:

カテゴリー: 出会い体験談投稿 |