トップページ > 出会い体験談投稿 > セックスの良さを教えてくれたボインの熟女
出会い体験談

セックスの良さを教えてくれたボインの熟女

無料出会い系サイトで知りあった10代の女の子。

ヤリマンなせいか、その子に下手だと言われてしまいました。

年下の子に言われるとショックは倍増。

落ち込みしばらくセックスできないほどでした。

時間が経ち少しずつ性欲が湧いてきたのをきっかけに、年上の女性にセックスを教えてもらおうと再び無料出会い系サイトに書き込んだのです。

僕の募集に返事をくれたのは60代に手が届きそうな59歳の熟女の方でした。

彼女は高級クラブを経営してるバツ1で今は独身の女性です。

特定の異性もいなく性生活は不自由してると…。

年齢が気になりましたが、若い女性が少し怖くなっていましたので、会うだけ会ってみようと思い、彼女の休みの日に会うことにしました。

会ったのは午後もちょっと過ぎた時間でした。

タクシーから降りてきた和服の女性が彼女でした。

派手さはありませんが、落ち着いた大人の女。

それが第一印象です。

挨拶を済ませると「私でいいの?」

そう聞かれ僕はうなずきました。

職業のせいか年齢より若く見え美しい女性です。

再びタクシーを捕まえ彼女の自宅に行きました。

立派な2LDKのマンション。

広いLDKに通されコーヒーをご馳走になる。

しばらく今までの経緯を話しました。

日が暮れ始めてきました。

彼女はお酒の用意をし、軽い肴で晩酌です。

ほろ酔い気分になった頃「じゃあ、しましょうか…」

そう言って僕の服を脱がせはじめ、ブリーフ1枚になったところで彼女がスックと立ち上がり帯を解き始めました。

その姿がエロい…そう思っただけで勃起してしまいます。

長襦袢姿で振り返る。

今まで和服だったので気付かなかったのですが、かなりのボイン…巨乳でした。

僕の勃起してる姿をみつけ「まぁ、もうこんなになって…」

愛おしそうにブリーフの上から擦ってきました。

ブリーフを捲られ指で敏感な場所をなぞります。

ビクッと反応すると優しそうな笑顔で「さ、お風呂行きましょう」

立ち上がり僕に長襦袢を脱がさせました。

少し弛みかけていますが整った身体をしています。

熟女特有の色気が漂いました。

ベッドでは優しく時に激しく僕の身体を貪ります。

そして女の愛撫を優しく教えてくれました。

中でもビラビラの舐め方は丁寧に教えてもらいました。

フェラチオなど絶品で、ねっとりと巻き付いた舌が、敏感な部分を刺激します。

僕をなじったあの娘など足元にも及ばない気持ち良さです。

深くにもあまりの良さに彼女の口中に放出してしまったほどです。

彼女はそれを飲み込みニッコリ笑いかけてくれました。

その日は彼女の家に泊めてもらい、たっぷりと女性の身体を教えてもらいました。

僕は彼女の家に入り浸るようになり、毎日のように彼女を求め、性技を教わりました。

おかげで今は誰でも確実に逝かせられるほどのテクニシャンになりましたが、女を教えてくれたこのボインの熟女を今でも頻繁に抱いています。

投稿者:テクニシャンさん(23歳 男性)

出会い系THEBESTサイト





タグ: , ,

カテゴリー: 出会い体験談投稿 |