トップページ > 出会いセミナー > メールのやり取りでのテクニック
出会いセミナー

メールのやり取りでのテクニック

あなたの身近な人の間で、どのような会話やメール内容が流行っているかは分かりませんが、少なくとも会った事のない相手に対しては、探りながら、慎重にメールのやり取りを行うのが良いかと思います。

相手が例えば、趣味の話をしてきたら、分かる範囲で返してあげると良いです。

ただし、望んでいないのに深い話になる事もありますので、一応、その内容は確認したという感じで返す方が良いかもしれません。

望んでいない話が深くなりそうな場合には、一度やり取りをストップして、何か出来事のみを伝えるメールを送れば、話題を切り替える事が簡単にできます。

また、細かいテクニックになりますが、相手が顔文字を使ってくるようなら、顔文字で。

絵文字を使ってくるようなら、絵文字で返した方が、印象は格段にアップします。

一度に送るメールの長さも、相手に合わせた方が望ましいです。

上記のような、相手に合わせた対応というのは、親密度を上げるための方法となります。

共通の価値観を持ってる、という印象を与えられれば、相手はよりリラックスしてやり取りを楽しんでくれます。

また話題がどんどん膨らんでいくのは、相手への期待感が高まっている事の裏返しにもなるので、メールのやり取りを何回も行なう事だけで、充分効果的です。

●きちんと褒める

よく女性は褒めれば良い、とにかく褒めれば大丈夫といったような記述を見かける事がありますが、これはちょっと間違い。

男性にしても、見当違いは褒められ方は多少不快に思いませんか?

特に、女性に対しては、褒め方とタイミングが重要になります。

最も気をつかうべきなのは、髪型の変更ですが、これは実際に会ってからのお話ですので、メール内で気を付けるポイントをまとめてみます。

・写メを送ってきたら、内容に合わせて褒める。

・文章の内容に合わせて褒める。

・愚痴に対しては「よく頑張ったね」などと褒める。

・ファッション、性格に対しては否定的な意見を避け、フォローするように。

下記はその他のテクニックです。

●名前を呼ぶ

ある程度親しくなってから、と思いがちですが、むしろ始めから相手の名前で呼ぶ事は親近感を高めるためにも効果的です。

ただ、気を付けるべきなのは、いきなり呼ばれたら、

「馴れ馴れしい」

と思う人がいる事です。

そのために、

「何て呼んだら良い?」

と確認してから、呼ぶ事が必要です。

また、相手と自分しか知らない呼び名を作ることも効果的です。

例えば、特定の芸能人のあだ名を自分で付けて、そのあだ名を相手にも覚えさせたりすると、親密度がアップします。

出会い系THEBESTサイト





カテゴリー: 出会いセミナー |